髪の話

  1. シャンプーの後には何を使うといい?

    トリートメントにコンディショナー、リンス…何が違うの?この区別は皆さん知っているようで知らないってケースが多いのではないでしょうか?いずれもシャンプーの後につかって髪の調子を整えるものです。イメージとしてトリートメントが1番しっとりして次がコンディショナーそしてリンスと言う順番で質感が軽く…

  2. 髪はきちんと乾かして寝たほうがいい?

    濡れた髪は水素結合が切れてしまっているので乾いている時よりも弱い状態です。そのまま寝ると枕で髪が擦れあったりしてかえって傷みやすくなるんです。またブローをしないと癖がつきやすく朝のスタイリングでかえって無理をしがち。ドライヤーの熱が髪を痛める原因になりやすいのは確かです。でも上手に…

  3. カットした後もケアは必要?

    カットの後はスタイルにかかわらず毛先のケアに重点を置いてください。髪を切るとむき出しの毛先から髪のタンパク質が流れ出てしまうんです。さらにそのことで毛先の広い範囲でキューティクルが剥がれてしまっていることもあります。どうしても毛先がパサつきやすくなるのはやむを得ない状況なんです。ア…

  4. サーファーが茶髪になる理由!

    繰り返し海に入っているとカラーをしなくても髪が茶色になることがあります。それは海水がph8.3くらいのアルカリ性だからです。アルカリ性ではキューティクルが自然に開いてしまうので髪の中のタンパク質やメラニン色素が外に流れてしまいます。また紫外線もメラニン色素を攻撃するので少しずつ髪の…

  5. 髪の色にも地理がある!?

    欧米人のブロンドに憧れる人は多いと思います。外国人風カラーとか言っちゃうくらいです。人種によって肌の色も違えば髪の色も異なります。同じように狭いと思う日本でも生まれた場所によって髪の色に違いがあるってご存知でしたか?南端の沖縄、九州エリアの人はレッドアンダートーンが多く髪も…

  6. 皮脂は髪のガードマン!

    髪の脂分には2つの種類があります。髪の内部に持って生まれるものと、頭皮から分泌されて自然に髪や頭皮へ行き渡るものです。脂分は洗って全部落とさなきゃ!と言うのは✖️!過剰な脂分は別として、内部の水分が蒸発するのを防ぐ、外からの刺激を防ぐなど、髪を守ってくれるありがたい存在なんです。カ…

  7. カラーとパーマ一緒にできますか?

    カラーとパーマを同時にすることはおすすめできません。なぜかというとカラーもパーマもアルカリ剤を使うので髪への負担が大きいためなんです。薬事法で指導されているということもあります。詳しく言うとヘアカラーはキューティクルから髪の内部へと薬剤が浸透し、パーマは髪の内部に直接作用する薬剤…同時に行…

  8. やっぱりストレートアイロン?

    ストレートの仕上がり具合で満足度が高いのはやはりアイロンです。アイロンは熱で髪表面のキューティクルに働き、確実に矯正することができるんです。パーマで間充物質に働きかけても縮毛は完全に伸びきらないんですが、アイロンでプレスすると伸びるんです。そのわけは鱗のように1枚1枚が重なってできているキ…

  9. パーマのキャップは必要?

    パーマの1剤をつけてからかぶるキャップ。ロットで膨らんだ髪をさらに強調してなかなか恥ずかしいと感じる人も多いと思います。そんなキャップ姿で知り合いに出くわすとか…相当照れくさいですよね。でもキャップはもちろんキャップの代わりのラップも髪のダメージを防ぐ必須アイテムだったりするんですよね。…

  10. なぜパーマはとれるの?

    パーマが髪の中にある間充物質に作用して結合に変化を起こすんですけど、これでウェーブを出すことはできるんですけど盲点はキューティクル。どれだけなかが変わってもキューティクルも曲線を描いて変化するわけではないんですね。ではカールしている部分のキューティクルの状態はどうなっているでしょう?パーマ…

最近のコメント

    PAGE TOP