サロンカラーとホームカラーの違い。

美容室で染めることのメリットは2剤の使い分けができるというのが最大のポイントです。

染料の入った1剤に種類があるのと同じように、2剤の過酸化水素にも濃度の違いがあり、髪の状態や目的で使い分けをしているんです。

カラーをする人の多くは月に一回など継続している人、つまり髪の90%は既染部の状態。その上からカラーをしても残ったカラーやダメージによって色ムラや痛みができてしまうんです。そこで髪の状態によって2剤の使い分けをするんです。

ホームカラーの過酸化水素濃度は6%、対して美容室の2剤は1%から6%のものがあり使い分けでいます。過酸化水素はブリーチに深く関係するので必要以上の濃度は髪のダメージに直結してしまいます。

お客様の髪の状態に合わせて薬剤をチョイスできカラーバリエーションも豊富な美容師のカラーリング!この違いはとても大きいんです☆

おすすめ記事

  1. 髪の毛が絡まりやすい…そんなあなたにオススメなアイテム

関連記事

  1. 連休☆
  2. カミナリヤバし
  3. 毛量調整
  4. 久しぶりのウォーキング
  5. 週末
  6. 今週もありがとうございました。
  7. お疲れ様でした。
  8. 多肉植物のその後。
PAGE TOP