7レベルのブラウン…

image

7レベルのブラウンと言ってもメーカー(薬剤)が違えばかなり色味が違う。

 

NB(ナチュラルブラウン)の7レベルを白髪の毛束を使って

どのように染まり方に違いがあるのか実験してみました。

ちなみに今回は5種類のカラー剤を使用しています。

image

同じ7レベルのナチュラルブラウンでも赤みが強いモノから黄色味が強いモノなど様々です。それぞれ特徴があり、仕上がった印象はだいぶ違います。

でも一様にナチュラルブラウンの7レベルとして各メーカーから販売されているのでそんなに違わないだろう・・・って使ってしまうと実際染めた時に「なんかイメージと違う…」みたいな事が起こり得ます。

 

各メーカー、各カラー剤には個性」がある。

 

なので美容師さんによって使うカラー剤の好みがあったりします。もちろん全ての薬剤の特徴を頭に叩き込んでいるので安心してまかせていただいて大丈夫です。その為に美容師は日々知識と技術の勉強に励んでいますので。プロならではの仕上がりをご期待下さい!!!

ただほとんどの美容室はお店単位でメインに使うカラー剤があったりしますので、仮に違うお店で同じように染めようと思っても取り扱っているメーカー(カラー剤)が違うと一発でまったく同じように・・・というわけにはいかない場合があります。(可能な限り同じ色味に近づけるよう最善をつくします)

その為に事前のカウンセリングが非常に重要になってきます。担当の美容師さんと写真などを見ながら色味のイメージを共有すると「なんか違った・・・」みたいな事がおこりにくくなりますので参考にしてみて下さい。

もちろん「おまかせで似合うように!」と言っていただければ、お客様の髪質や雰囲気、トレンドなどをふまえて色味をご提案させていただきます。

そしてほとんどの美容室は同じ白髪染めでも何種類(違うメーカー)か用意してあり、その中でお客様の髪の毛の状態や退色の状態を見て1人ひとりにあったカラー剤を選択させて頂くのでより髪の毛の負担を減らしながらカラーリングを楽しんで頂けると思います。

さらに美容室ではより色持ちを良くする為だったり、色に深みを出す目的だったりで、違う色味を少しだけブレンドしたりしてカラーリングする事が殆どです。これはホームカラーではなかなか出来ないプロならではのひと手間。その時のお客様の髪の毛の状態を瞬時に判断して微妙に配合を変えたりしています。そうする事によってそのお客様だけの魔法のレシピが完成するわけですね。

このように同じような色味であっても個性がありさまざまです。使いこなすにはそれなりの知識と技術、そして経験が必要になってきます。是非ヘアカラーはプロである私たち美容師にお任せ下さい☆

hairs Ambi 小坂泰広

 

おすすめ記事

  1. B59C2A41-6786-457E-B89D-0DD1FE7A414F 髪の毛が絡まりやすい…そんなあなたにオススメなアイテム

関連記事

  1. 0E4B1D69-4545-451A-8309-40A1D5FB027F ブルーアッシュ
  2. 0E5885A9-D772-48CF-BD6A-388CB96AAD72 充実
  3. 72AB7A45-3987-4379-A132-CF70E71AFD6E 新カラー剤【tintbar】
  4. 6D4B3E17-C0ED-4D65-9C59-83DC3B57AEB4 夢のような…
  5. 8F9CB163-E5FC-42F1-BF07-A15D7F47EE5D ヘアカラーを楽しみましょう。
  6. F9DBF5FD-B605-4E04-B99C-5BB86FC1AFC0 季節によって…
  7. IMG_4857 部活大変だねーな中学生をばっさりカット!
  8. CADA00DD-914A-4B24-A5B4-D41D119B42DE ライムブラウン
PAGE TOP